おすすめの書籍②

起業を目指す挑戦者へ

 

起業と聞いて松下幸之助や本田宗一郎の名前を
思い浮かべるでしょうか。

もっとも、最近ではIT企業の創業者の方が有名
かもしれません。

 

こうした後世に名を残すような大物起業家にはな
らなくても、

「一念発起して自分も起業家と呼ばれたい。」

これまでの人生、特別大きな波にのまれること
なく、無事平穏に過ごすことができたあなた。
そんな夢を描いたことはないですか。

 

 

以前は会社の大小にかかわらず、副業を禁止して
いる企業が大多数を占めていましたが

最近では政府の後押しもあり、副業を認める方向
に舵が切られています。

起業を目指す人の中には本業を続けながら副業と
して起業しようと考えている人もいます。

 

もしかしたらすでにその方向で企業に向けて着々
と準備を進めているのでしょうか。

 

起業に必要なマインドや、経営に関する資料収集
のほか、現実的な資金繰りなど、始める前の段階
でやることは山ほどあるかと思います。

 

それでも一念発起した勇気と立ち上がった行動力
は誰にでもできることではないですし、称賛に値
します。

 

 

ここから先はそうしたチャレンジ精神旺盛なあな
たにぜひとも読んでいただきたい思います。

 

起業前に知っておくべき知識とマインド

 

起業家に必要なものの一つに「起業家マインド」
というものがあります。

目標を立て事業の目的を成し遂げるという意思と、
お金儲けだけに走ることなく社会貢献なども含め
た使命感を持つことが大切とされています。

結果、優れた製品・商品、サービスなどを提供し、
お客様に満足を頂けるようになるというものです。

併せて精神力と忍耐力、実行に移す行動力、好奇
心と探求心が必要とされています。

そして何よりも健康や体力といった自己管理がで
きなければなりません。

 

しかし、実際には起業してから3年以内に7割の
会社が消えていくそうです。

 

失敗の共通項は資金繰りに対する甘さにあるよう
ですが、行動力があっても事前の準備を怠る無鉄
砲な行動では成功できるものではありません。

 

そうした7割の層に入らないため、おすすめの書
籍をご紹介します。

 

〈臆病者のための科学的企業法〉

(著者:マイケル・マスターソン)です。

 

著者自身が年商100億円以上の会社を2社、
50億円以上の会社を 2社、10億円以上の会社10社
以上をゼロから育てたスーパー起業家です。

 

マスターソンによると、企業が成長するプロセス
には売上に応じて4つのステージがあると言い、

それぞれのステージで取るべき戦略を間違えて
失敗する企業が多いのですが、本書では最初の2
つのステージ、つまりゼロから年商1億円の
ステージ1と、年商1億円から10億円のステージ
2を突破することだけに注力します。

 

起業当初にやりがちな失敗を犯すことなく、
ゼロから確実に年商10億円を突破するための
4つの起業戦略を公開しています。

 

また、企業前のだれもが躊躇する理由

 

◎お金をムダにするようなリスクは絶対にイヤだ

 

◎仕事を辞めて全財産を危険にさらすなんて考え
られない

 

◎独立して自分でビジネスを始めるのは魅力的だ
が、うまくできるか分からない

 

◎自分の行動に責任をとるのは当然だが、間違い
を人に知られるのはイヤだ

 

◎ときどき素晴らしいアイデアを思いつくが、
どうしたらいいのかわからない

 

これらを本書では解決し、さらにあなたの自信に
つなげます。

 

残りの人生に悔いを残すことなく

ご自身の理想に向かって進むのは

とても素晴らしいことです。が、

 

やみくもな一歩を踏み出す前に
是非ご購読ください。

 

本書のご案内はこちらから

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

nobu

ようこそお越しくださいました
記事の中にあなたの問題を
解決できるものは
ありましたでしょうか?
私自身、これまであれこれ悩みの多い
人生を送ってきました
少しでもあなたが共感できるような
そして楽しい記事を
作成して参りますので
末永くお付き合いくださいね。

 

LINE@にご登録いただくとお得な情報をお届けいたします。

友だち追加

 

おすすめ記事一覧

投稿日:

Copyright© コレミナサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.