こころ軽々 小噺三つ ~5つ目~

投稿日:

 

(5つ目)

誰もがみんなワクワクが好き

 

誰もがみんなウキウキしたい

 

誰もがみんなキラキラがいい

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

誰もがみんな

 

 

 

お日様に出会えない日もある

 

 

 

 

そんな時、こころの中で

 

イライラ、ウジウジ、メソメソ、カンカン

 

 

そしたら 落ち込んで

 

暗くて嫌な気分になってしまう

 

 

 

不機嫌は他の誰かに

伝染(うつ)ってしまう

 

 

 

だから

 

早めにお薬与えましょ

 

3つの小噺、聞かせましょ

 

じわじわ後から効いてくる

 

他人は他人の都合で生きている

 

あなたが朝起きるのは

 

これから会社に向かうとか

家事をしなければいけないとか

様々な理由があるからなんだよね

 

 

 

人にはそれぞれ

いろんな都合があって

その都合に従って行動している

 

 

あなたが今日笑顔でいられたのも

何らかの理由があったからだよね

 

 

 

 

 

ということは

 

 

 

 

あなた以外の人にも当然都合があって

その都合で行動を決めている

 

 

 

あなたがあいさつをしても返さない人は

風邪で喉を痛めているのかもしれないし

上司に叱られたばかりかもしれない

 

 

いつだって不機嫌な顔をしている人は

不幸な生い立ちが背景にあったり

夫婦喧嘩が続いているのかもしれない

 

 

決められたルールを守れない人は

親からまともな教育を受けなかったり

精神的な障害を持っているのかもしれない

 

 

 

 

 

だからそうした人のことを

すべて許せ

という話じゃなくてね

 

 

 

そうした人の都合でもって

 

あなたの機嫌が悪くなる必要は
ないんじゃないかなってこと

 

 

 

 

 

挨拶が返ってこない程度で
その日一日を台無しにしたり

不機嫌な顔を見せられたからと言って
せっかくのランチの味を忘れてしまったり

ルール違反を目撃したからと言って
仕事が手につかなくなったりするのは

 

 

 

とても とても

 

 

 

もったいないこと

 

 

 

 

 

人の行動で感情が動いてしまっても

それを引きずっていては

 

 

 

あなたが幸せに過ごせるはずだった時間を
その人に預けてしまうのと
同じことなんだよ

 

 

 

 

あなたはあなた自身のために

誰にでも気持ちよく挨拶ができ

どんな時でも機嫌よく過ごし

決められたルールくらいは守る

それを続けていれば
あなたの機嫌を害するような人は
自然と遠ざかっていくもの

 

 

なぜかって?

 

 

 

波動は同調すれば引き合うし

同調しないものは反発するように
できているから

 

 

 

 

宇宙はいつだってそのように動いている

 

 

縛る言葉

 

当たり前の話をするね

 

 

 

 

もしもあなたの周りに

 

 

生活が苦しいとか

長期の病気などで
辛い思いをしている人がいても

 

 

 

 

 

決して同情なんかしちゃだめだよ

 

 

 

 

 

同情というのは

 

相手がかわいそうな立場であることを
認める感情なんだ

 

 

 

かわいそうだ

辛そうだ

 

 

 

あなたの口からこれが誰かに伝わり

 

 

 

ほかの誰かも同じように同情する

 

 

 

そうした思念が集まってしまうと

辛い立場の人はそこから抜け出せなくなり
今よりもっと苦しい思いを強いられる

 

 

 

 

 

 

人の思いというものは

決して軽くはない

 

 

 

この世のあらゆるものは
人の思考によって現実化している

 

 

 

 

 

多くの人が一人に対して

同情の思念を送り続けるということは

 

 

 

 

その人をその場所に縛り付けておきたい

 

その人はかわいそうであってほしい

 

 

 

 

そんなエネルギーを送ることになる

 

 

 

 

 

本当にかわいそうだと思うのなら

 

 

その人が明日に希望を見出せるような

今の境遇から抜け出せるような

 

 

 

励ましの言葉をかけてあげる

 

立ち上がる勇気を与える

 

 

 

これこそが本物の愛情だ

 

 

 

 

 

ねえ 大丈夫?

 

 

よりも

良くなったら一緒に○○しない?

 

 

 

 

 

こちらを選択してみませんか

 

 

褒めプロのススメ

 

プロフェッショナルとは

 

 

 

こう問われて

 

 

 

お金を稼ぐことができる技術や技能

 

 

 

答案用紙にこのように書くことができれば

おそらくマルをもらえると思うよ

 

 

 

ではあなた自身は

プロフェッショナルですか

 

 

 

こう問われたら

 

 

 

 

 

何と答える?

 

 

 

 

 

 

 

資格や特殊技能を持っていて

それを生業としている人なら

 

 

 

もちろん自分はプロだと
胸を張って答えることができるよね

 

もちろん
サラリーマンがプロではないなんて
言うつもりはないよ

 

 

 

でもね

 

 

 

中にはすごい才能の持ち主のことを

プロフェッショナル

そう考える人もいるんじゃないかな

 

 

 

そして

 

自分には秀でた才能なんか無い

あきらめてはいないだろうか

 

 

 

学校の成績は中の下

走っても人並み

年収だってそこそこ

庭付き一戸建てを夢見たこともあったけど

 

 

 

 

それでもあきらめるはまだ早い

 

 

 

 

 

あなたの周りにいる

すごい才能の持ち主に向かって

 

 

 

「あなたはすごい」

 

 

 

こう言ってみて

 

 

 

 

 

 

他人の能力を素直に讃えることって

実はすごく難しい

 

 

 

目の前にいる相手に対しては特に難しい

 

 

 

 

 

けれどもこれを繰り返していると

 

 

 

あなたは間違いなく

 

 

 

「人を褒めることができるプロ」

 

 

 

 

 

として

 

周りが認めてくれる

 

 

 

 

 

 

 

人は誰だって褒められて悪い気はしない

 

 

 

 

 

いつの間にかあなたの周りには

たくさんの能力者が集まってくる

 

あなたに突出した能力がなくても

誰かが補ってくれる

 

 

 

 

そうすると結果的に

あなたが一番になってしまう

 

 

 

 

 

これは誰でも身に着けられる才能の一つ

特別な資格もいらないし
恵まれた環境なんて関係ない

 

 

 

 

ところで

 

 

優秀な社員に恵まれるトップは

みんな褒め上手なんだって

 

 

 

 

 

知っていた?

 

 

 

 

 

 

私の会社の社長?

褒められたのは何時だったかなぁ?

 

 

でも

 

今月もお給料くれるから
偉いよアナタ

 

 

 

 

 

 

これは褒めじゃない・・かな

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

プロフィール

nobu

ようこそお越しくださいました
記事の中にあなたの問題を
解決できるものは
ありましたでしょうか?
私自身、これまであれこれ悩みの多い
人生を送ってきました
少しでもあなたが共感できるような
そして楽しい記事を
作成して参りますので
末永くお付き合いくださいね。

 

LINE@にご登録いただくとお得な情報をお届けいたします。

友だち追加

-自己啓発

Copyright© コレミナサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.