あなたが老け顔を回避するために採るべき選択とは

投稿日:

数年ぶりに再会した知人から

「あなた、全然変わってない」

スポンサーリンク

などと言われ、たとえそれがお世辞と分かっていても悪い気はしないものです。

「いつまでも若く見られたい」

これは女性だけでなく男性も同じようにに思っています。

 

お酒を飲んだ次の日など鏡の中の自分を見てドキッとした経験はないでしょうか。

ぼさぼさの髪、むくんだ輪郭、生気のない瞳と睡眠不足でできた目の下のクマ。下がったままの口角。

 

「そう遠くない将来、年を取ったらこんな顔になってしまうのだろうか」

そんなことをチラッと想像したりして。

 

ひとが老いていくのは自然の摂理ですので誰にも逆らうことはできません。

50代のひとが10代の輝きを欲しても所詮はかなわぬ夢。

 

けれど、少しでもその進行を遅らせたい。せめて周辺の同世代よりは若く見られたい。こう思うのも人情です。

 

やがて直面する老化とそれに抗っていきたいという気持ち。この矛盾した気持ちとどう付き合っていけばよいのでしょうか。

 

ある時を境にして老いの進行はスピードアップする


 

人の老化はいつから始まるのでしょうか。

考えようによっては生まれた瞬間から始まっていると言えなくもありません。

ただ、一般的に幼年期や少年期は「成長期」とよばれ、やがて成熟期へと移り、そこから老化現象が現れ始めます。

 

では、老化とはどのようなことをいうのでしょうか。
白髪が増えたとか、肌に艶がなくなった。目元にしわが目立つようになった。

こうしたことを含め、成熟期以降に起こる生理機能の衰退を老化と呼びます。

 

同じ年、同じ月、同じ日に生まれたのなら年を重ねるスピードは同じです。しかし、悲しいかな老化のスピードには個人差があります。

体の組織や細胞、免疫力など個々によって差があることは当たり前のことです。

また、一人の人の中でもある組織の老化スピードは速くても別の組織の老化は進み方が遅いといったこともあります。

 

老化はなぜ起こるのでしょうか。

原因の一つに考えられるのは「活性酸素による体の錆」です。

活性酸素は呼吸によって吸い込んだ酸素が活性酸素になる場合もありますし、排気ガスやたばこなど空気の汚れが原因となる場合もあります。空気以外でも紫外線による場合もあれば、運動や精神的なストレスも活性酸素を誘発します。

 

私たちは特に意識しなくても日常生活を送っていれば誰もが活性酸素の影響を受けてしまうのです。

 

この老化現象。ある時を境にしてそのスピードが加速されることをご存じでしょうか。

私たちの体は「抗酸化酵素」というものを持っていて、活性酸素を蓄積しないように働いています。

この抗酸化酵素も年を重ねるごとに能力が急速に減少していきます。

そこが老化が加速する境となるのですが、年代的には凡そ40代といわれています。

 

カロリー制限によって代謝を抑え、活性酵素の蓄積を抑制して老化を遅らせられないか。

老化は活性酸素以外の要因もあってそれだけでは解決できない。

そもそも生物にプログラミングされたものだから抗うことはできない。

こうした議論はなされているものの、いまだ明確な答えは出ていないようです。

 

人は内面と同じように外見も大事


 

老化による外見の変化に対し

「あるがままの姿が一番美しい」

「人は外見ではなく中身が大切」

などの意見を言う人がいます。

これは正しいように聞こえますが半分は間違っています。

確かに人の評価を「外見だけ」で下すのはよくないことでしょう。ただし、これはお付き合いのある人同士で成立することです。

 

初めて会った人に対してはどうしても第一印象というものが大事になってきます。

その時に明るく元気であれば悪い印象を抱かれることはないでしょう。

実際7割以上の人が他人を「見た目」で判断するといいます。

 

そもそもきちんとした身なりやおしゃれは時間を共有する周囲に対するマナーなのです。

それぞれの空間にはふさわしい場というものが存在しています。

 

パーティーに色とりどりの服装で集まればそこは華やかな雰囲気に包まれます。

 

また、外見が若々しい人は見る人の気持ちを明るくする力を持っています。

そこにいるだけで活気がみなぎり、周りの人を楽しい気持ちにさせます。

 

芸能人が派手な格好をするのは見せびらすために行っているのではありません。

きらびやかな服装や大きなアクセサリー、派手な化粧をすることで見ている人を幸せな気持ちにさせているのです。

 

周囲を喜ばすことができる。つまり、見た目をよくするということはもっとも簡単な福祉活動なのです。

 

なぜ?おしゃべりな人ほど老けない


 

誰ともよくしゃべる人がいます。

グループの中にいればいつも中心的な存在で、どんな話題にも関心を示し、知らないことにも反応を示します。

 

おしゃべりな人は比較的若々しい人が多いようです。

 

人は外見だけでなく脳も老化によって衰えてきます。

おしゃべりはこの老化を防ぐのにとても効果的だと言われています。

 

人に何かを伝えようとするとき、脳はあらよることを計算して言葉に表します。

単語の選び方、話の組み立て、敬語の有無、声質や音量、方言の使い分け、相手の反応などを瞬時に判断し、その時に適切と考えられることを言葉にします。

 

おしゃべりな人は常にこうした訓練を脳に施し、脳の活性化を促しているというわけです。

 

また、話すという行為で常に口を動かしていますので口元の筋肉も同時に鍛えられます。

これによって口角が下がるのを防ぎ、自然と口元の若さが保たれているのです。

 

口元の若さを保つ3つのエクササイズ


 

おしゃべりで若さが保たれるといっても、誰もがすぐに真似できるものではありません。

現代では核家族化や近所付き合いの減少により一人でいることが多く、テレビを観たりスマホを操作する時間が増え、誰かとおしゃべりする機会が極端に少なくなっています。

 

こうした状況下で口元を動かすことがなくなり、筋肉が衰えることで口元のたるみにつながっています。

 

これを解消するためのエクササイズがあります。

①口を開け、舌を突き出し、そのままくるくるっと50回ほど回します。

②口を閉じ、舌を歯と唇の隙間に入れて全体を回します。ほうれい線の裏もこするように回します。

③唇のの両端にある地倉と呼ばれるツボを左右同時に5秒ほど押し、5回繰り返します。

 

こうしたエクササイズは普段はあまり使わない筋肉を刺激し、次第に口角が上がるようになります。

 

10年後あなたの口元が周囲を驚愕させる


 

口角やほうれい線とともに口元を若々しく見せるために忘れてはいけないのが「白く輝いた歯」の存在です。

どんなに素敵な笑顔でも歯の色がくすんでいたり、黄ばみがあっては魅力は半減どころか幻滅されてしまいます。

 

食事やたばこ、お酒などによって着色してしまった歯を通常の歯磨きで元の色に戻すことはできません。

 

毎日歯磨きをしている人でも歯の汚れを完璧に落とすことができていないそうです。

厚生労働省によると、なんと30代の日本人のうち80%が歯周病で、原因はやはり磨き残しにあるようです。

 

歯周病は歯が抜けるなどのトラブル以外にも口臭の原因であったり、認知症、糖尿病、肺炎、心筋梗塞、脳梗塞の原因になることもあるそうです。

 

日本人の朝はとても忙しく、ゆっくりと歯を磨いている時間がありません。

本来であれば8分以上の歯磨きが必要とされていますが、実際には90%以上が1~5分程度で済ませています。

 

こうした磨き残しや口臭を解消し、なおかつホワイトニングもでき、さらにお口の中のマッサージができる。

「音波歯ブラシ+ホワイトニング+美顔器」が揃った商品をご紹介します。

白い歯を取り戻したい!

歯垢を完璧に除去したい!

口元を鍛えて口角を上げたい!

 

この希望をかなえたい方、製品スペックの詳細を今すぐ知りたい方は下のバナーから製品サイトにてご確認ください。



ステイン(歯の着色汚れ)が気になる方へ「ORALUMINUS」はこちら

単なる歯ブラシではなく、イオンと超音波振動によって着色汚れや歯垢を除去。
シリコンブラシで唇と頬の裏側を刺激したフェイシャルトリートメント。
10年後も健康な歯と歯茎を保つブラシ+超音波振動。
舌苔を除去して口臭ケア。

毎日行うから美しさが持続し、口周りの筋肉がほぐれることで自然な笑顔を期待できます。
詳しい内容をお知りになりたい方は上記バナーを今すぐクリック。

この記事は商品の効果を保証するものではなく、情報提供としてご案内しています。

 

おわりに


 

誰も永遠の若さを手に入れることはできない。これは生物にとっての宿命です。

 

同時に、老いていく自分を直視するのはとても辛いことです。

それでもそこから目を背けることなく、真剣に向き合えば若さを保つことができるかもしれない。

 

若々しくいることは自分のためだけではなく、家族や周りの人たちを明るくする力を持っている。

そう信じた先に幸せな未来が待っているのかもしれない。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

-健康生活

Copyright© コレミナサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.